離乳食は取り分けにするべき3つの理由

離乳食は取り分けにすることがお勧めです。

「離乳食はわざわざつくらなくてもいいですよ!」 って

行政や離乳食本が言ってくれるだけで

離乳食の悩みって減るのにって思ってます。

さて私が考える離乳食をとりわけにすべき理由3つをお伝えします。

理由①離乳食作る時間がもったいない

家族や自分の食事を3食作って

さらに離乳食を作ってって

それだけ考えただけで

どんだけ台所に立っておかないとあかんのか??

それこそママは一生懸命

待っている赤ちゃんを泣かして料理するわけでございます

でもちょっと待てよと

自分の食事から赤ちゃんが食べられるものを

取り分けてみたら なんのなんの

赤ちゃんおいしそうに食べるでないですか。

理由②取り分けの方がおいしい

冷凍してチーンした毎日同じような食事… と、

毎日取り分けでできたてのものを食べる食事

どっちがいいと思いますか??

私はとりわけの方かな

イメージですけどね!

冷凍&チーンの離乳食も めちゃおいしいものもあるはず!

でもでもやっぱり人間だもの

できたてが食べられる環境なのに

赤ちゃんだけチーン

ってのはなんだか不思議なような

一緒にできたてを食べられたら

嬉しいなと思うんです

理由③大人の食事が健康的になる

健康的になるって 定義はいろいろあると思いますが

大人の食事を作るときに

赤ちゃんの食事も一緒に作ってるんだって 思うことで

例えば

自然な調味料を使ったり

旬の食材を使ったり

栄養バランスを考えて作ったり

薄味になったり

大人の身体にもよさげなことが たくさんおこってくるんです

毎日摂る食事が身体を作っていくので

自然と家族まで健康になっちゃう 赤ちゃんの食事も大切だけど

もっとわすれてはならないのが

赤ちゃんを守り育てる家族の食事 。

というわけで取り分け離乳食ぜひためしてみてくださいね!

ほんま、家族の食卓からちょちょいっとチョイスするだけ!

簡単です♡

かもめスタイル

ママがラクになる!離乳食・幼児食専門管理栄養士日南麻衣(ひなみまい)のホームページ 保育園栄養士、アレルギーの子ども、3児の子育て中、世界一周40か国をめぐる旅の経験から、子どもの食事は常識をひっくり返すと楽しくなる!を提案 栄養講座・講演 医療・栄養セミナー・子連れお習字・ヨガ教室主催

0コメント

  • 1000 / 1000