離乳食をわざわざ作るっていう考えは捨てちゃってもいい

離乳食を何か月から始める?

離乳食を始めると大変だからなかなか始められない。


だよね


でも、離乳食って

わざわざ作るものじゃないって考えたら

ほんとーにラクになるって思ってます


別にいつから始まるとかなくて

あ、いつの間にか食べてた!みたいな状態が

人間の本来の姿ではないかと


でも今は核家族で

情報で子育てするしかないので

本に頼りきりになるわけだけれど


それだったら赤ちゃん自身のタイミングが

スルーされちゃう可能性が高い


食べる赤ちゃんと


食べない赤ちゃんっていうのは

同じ月齢でも

絶対的に身体の違いがある


おおきく産まれた子

小さく産まれた子

肌が弱く産まれた子

お産の予定日より早く産まれた子


みーんな違うので

離乳食の進みも全然違う


食べてるけどお腹に負担のかかっている子もいるかも


それを判断できるのは

ママであり

近くにいる家族


栄養の知識をつけることは

栄養が味方になってくれるということ


身体を何が作っているか

どういう風に代謝するのか


私もまだまだなので

もっと勉強して

もっと楽ちんを極めていきたいです


なんせ

離乳食はわざわざ作らない。を目指すと

ラクになっちゃうってことです



管理栄養士日南麻衣『かもめスタイル』

ママがラクで子どもも元気になる 「栄養たっぷり」「簡単」「おいしい」離乳食(補完食)・幼児食を提案します! 現役保育園の栄養士・栄養カウンセラー 3児の子育て中・アレルギーっ子の子育て経験 キッズヨガ・親子ヨガ講師 会うと離乳食・幼児食の悩みがラクになってしまう?! 管理栄養士日南(ひなみ)がお届けします。 各種講座開催中・出張可・仕事依頼受付中

0コメント

  • 1000 / 1000